ありがとう・・・。

今日は、私の20年来の友人が話を聞いてくれました。

ご飯食べようか…

おいしいおやつもっていくわ。

こんな一言が、この年になっても嬉しいものです。

多分、男性だったら、

飯食いに行こうかとか、飲めるか?みたいな感じでしょうか…。

人から相談を受けることが多く、

その部分にかかわる仕事をしているので、

どうすれば自分が、心の健康を保てるかは、分かっていたつもりです。


情を知り、私が安心して、さらけだせる数少ない友人。
鎖が溶けてきました。
悔し泣きさせてごめんよ。(笑)
おかげで。楽にはなっていたけど、彼女だけには事実を知ってほしくて、

恥ずかしながらも話しました。

私にとって、話こと、こうして、ブログに書くことは考えを整理することなのです。

私が病んでいたんだとおもいました。

そして、そうなる運命やったと思えました。
私はあんまり、泣いたりしないので、悲しそうに見えないのですが、

あまりにも、出来事が怖すぎて。

事が起きることは自分の在り方にあると考えているので、

身から出た錆というか、

自分の責任だと思うようにしているし、人のせいには絶対にしません。

潔いと見えるか、割り切りが早いと見えるか。

『いや。ふつう。ふつう。』

そのことが嬉しかった。私が普通、なのだと言ってくれてよかった。

悔しい思いや、なんともやるせない気持ちが色んな考えに発展していって、

渦巻いていたのです。

上手く表現できないんですが・・・。

早く、そのことに気が付けて、距離が置けたことが本当によかったです。





安心して、笑えました。ありがとう。





失敗しても

やり直せばいい。

やり直してダメなら、

もう一度工夫し、

もう一度やり直せばいい。

悪い時が過ぎれば、

よい時は必ず来る。

おしなべて、

事を成す人は

必ず時の来るのを待つ。

あせらずあわてず、

静かに時の来るのを待つ。

(by 松下幸之助)


[PR]
トラックバックURL : http://hahausagi.exblog.jp/tb/24491398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hahausagi | 2015-09-21 09:54 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

日々の暮らし


by hahausagi
プロフィールを見る
画像一覧