つかれた。今週は。


何となく平常に戻った我が家です。
と言いたいところですが、今週は本当に疲れました。

5年6年とあまり運動しなかったために。すっかりメタボな彼と一緒に、私もジョギング、一緒に再開。
私のジョギングは、のそのそですが、彼は一回も休まずに自宅まで帰ることができました。
結構、意志は強いんだわ。と後姿を眺めていました。
私も大好きな音楽を聴きながら、色んなことを考えたり妄想して、
しかも親子が楽しめるという一石二鳥。( *´艸`)
バドミントンのために、ちょっとでも体力を回復させたいそうなんです。
一日300回の素振りは頑張ってやってくれているみたいです。
兄貴は、日々の生活バドミントン漬け。
高校の選手の壁が厚く、自分の努力しかないと思って日々彼なりに頑張っています。
映画を見たり、遊ぶ時間もそれなりに確保しているので、
忙しいとかではなくて、時間の効率的なやりくりを随分学んでくれたと思っています。
高校に入ったり大学受験のことが課題になります。
でも大学をどうするかではなく自分がやりたいことは何かをしっかり見つめてほしいです。
大学進学だけが人生ではありません。働くことの選択もあります。
だって今は社会人入学も編入も制度がたくさんある時代です。
資格もたくさんあります。(資格ビジネスにはご用心)
選択肢がたくさんあるのが幸せです。

f0151628_08475304.jpg
そんな彼ですが今週は友人と学校でトラブルがあり、病院に行ったり保護者同士の調整をしたり、
学校とのやり取りに疲れました。
この意見には賛否両論あるのですが。
公立の先生にはもっと頑張っていただきたい!!
もっと、子どものことを心配してもらいたい。
これが私の思うことです。
小学校6年であっても、トラブルがあるときには、上手に説明ができません。
特に後遺症が残るようなケガをしそうなときは、
せめて電話一本かけてもらえないんでしょうか。
トラブルの原因はしっかり聞いているのに、状況把握をしないまま、そのまま、帰宅させてしまって、
帰宅後体調不良を訴えるので本当に慌てました。
幸い、大丈夫で事が済んだのですが、
普段と違う何かを見つけたら教えてほしいのです。
学校の時間の出来事ですが、いつの間にか、保護者同士の対応になっていたのです。
なので、学校での出来事ですので、学校も対応をお願いしました。
先生には命を預かっていることを自覚してほしい。
そう。お願いいたしました。
悲しいかな。
学習については小学校には全然期待をしていないので、
勉強が楽しいとか思ってもらえてら嬉しいな。とか、基礎学力をしっかりつけてほしい。
そんな無理難題をお願いはしておりません。
『行ってきます!!』
『ただいま!!

そういう生活をしたいだけです。

すごく尊敬できる先生もいるんですよ。

まー、黙っている私ではないので、
感情的にならずにきちんと対応いたしました。

内心は、『公立の先生は本当に何にもしてくれん!!』
という気持ちにすっかりなりました。

何とか、卒業まで、穏やかに過ごしてほしい母です。
彼のおかげで、母は、150年寿命が縮みました。

[PR]
トラックバックURL : http://hahausagi.exblog.jp/tb/27609271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hahausagi | 2017-03-04 09:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)

日々の暮らし


by hahausagi
プロフィールを見る
画像一覧